地域住民に「夢提供」の“お店”プランナー

アクセスカウンタ

zoom RSS “人生の金メダル” BGM 女性初 自衛官出身 民間機パイロット 竹内 一恵さん

<<   作成日時 : 2009/12/30 04:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

≪仕事人―17≫ 
竹内 一恵(たけうち かずえ)さん(37)。
今年3月26日午前6時50分。
羽田発富山行きANA881便。
副操縦士として機長とともにコックピットに
乗り込み、初フライトとなった。
初の自衛官出身の女性パイロットの誕生。
12月30日(02)
法政大学時代は体育系航空部に所属し、
大空をグライダーで飛び回った。
職業としてパイロットを目指すきっかけになったのは
当時、テレビ番組企画を通じて米ロサンゼルスで体験した
アクロバット飛行だった。


帰国後、それまで就職活動していた企業や教職の道をやめ、
パイロットに絞った。女性の採用枠はなかった。
父親が海上自衛隊のフライトエンジニアであったこともあった。
航空自衛隊が女性に門戸を開いていることを知った。
お母さんの答えは「何で女の子が…」だった。
入隊後は空自初の女性パイロットになった。

転機は2年前に訪れた。
幹部候補として、現場を離れデスクワークを学ぶようになった。
「飛び続ける。夢を追いたい」。
ANAへの転職になった。

夢を増幅させた一つに、
「北海道から本州に戻るとき、コックピットの中からだけ、
日本海と太平洋が同時に見ることが出来ます。
その瞬間はチョットだけ幸せを感じます」。

空の魅力をそう語る。
写真からとても優しそうな顔、性格が伺える。

初フライトに臨んだ竹内 一恵さん。
「乗客の命を預かる重責を感じました」…と。
(出典産経新聞4月5日号)

いつまでも飛び続けて下さい。

日本の翼とまで称されたJAL、日本航空は、
いま、最大の岐路にたたされている。
1950(昭和30)年代、日本の幹線、
東京〜札幌、東京〜大阪、東京〜福岡
そして東京を拠点にわずか世界の航空会社
11社の中に入って日本航空も国際路線の
拡大に邁進していた。

当フィッターは、1957(昭和32)年秋、この
東京国際空港の空港ビル会社に入社した。
自動車関連部門に就いた。
当時、毎朝、パイロットやスチューワデス達が、
会社から提供されたハイヤーで出社してくる。
異様な世界があった。

故メイ牛山さんの言葉。
「勇気ある女性の行動、まさに社会を向上させる原動力に!」。

※この「仕事人」女性シリーズはまだ続きます。

「究極の商売繁盛」支援ビジネスは、
究極の“顧客囲い込み”で売上UPです。


ご相談・お気づきのことは下記に〜
nihonbashi3-wako@memoad.jp
フィッター 若生 脩二


ブログ URL
http://80024105.at.webry.info/
http://1938wako.blog79.fc2.com/

第93210




ファイターパイロットストーリー航空自衛隊パイロットへの道 【DVD】
HMV 楽天市場ストア
商品の詳細ジャンルスポーツ&ドキュメンタリーフォーマットDVDレーベルワック発売日2002年11月2

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人気ブログランキングへ
“人生の金メダル” BGM 女性初 自衛官出身 民間機パイロット 竹内 一恵さん  地域住民に「夢提供」の“お店”プランナー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる